アスミールの副作用は怖い?アレルギーや安全性は大丈夫?

 

アスミール副作用

 

アスミールは子供が口から飲む商品なので、副作用が心配な親御さんもいらっしゃるでしょう。

 

私も最初は心配だったのでアレルギーや安全性を確認しました。

 

結論から言うと、アスミールは食品なので副作用が起こることはあり得ません。

 

アスミールは450万杯も飲まれている商品ですが、健康被害を訴える声は一切寄せられていません。

 

今回はアスミールの副作用について色んな角度から検証してみました。

 

この記事を読めば、アスミールの副作用や安全性について確認できます。

 

 

アスミールの副作用を原材料や成分表を解析して確認

 

アスミール副作用

 

アスミールの副作用を原材料でチェック

 

アスミールを飲んで副作用が起こるのか原材料を解析して調査しました。

 

星1個アスミール副作用=非常に安全 
星5個アスミール副作用=危険

 

原材料 内容 副作用危険度
グラニュー糖 結晶の非常に細かいざらめ糖。コーヒーや紅茶、素材の香りや風味を生かしたい料理やお菓子作りの甘さをつけるために、白砂糖の代用として用いられることが多いです。 アスミール副作用
ドロマイト 珊瑚などの生物が海底に堆積して石灰岩になった後、カルシウムの一部が海水中のマグネシウムで置き換わって生成した、生物由来の鉱石です。 天然のミネラル素材のひとつで、カルシウムとマグネシウムが2対1の理想的なバランスで含まれています。 アスミール副作用
乳糖果糖オリゴ糖 難消化性糖質のラクトスクロースを主成分とするオリゴ糖です。 乳糖と砂糖を原料にして作られており、砂糖に近い味質です。 アスミール副作用
植物性ミネラル(ごま由来) 体内の良循環を作る理想的なミネラルです。 ミネラルを効率的かつ安全に摂取するには、植物から摂取することが最も理想的と言われています。 アスミール副作用
亜鉛含有酵母 酵母培養で作られた有機亜鉛で、亜鉛含有量の高い天然型ミネラル食品です。亜鉛は、体内に300種類以上もある酵素の働きに関与していて、大切な役割を果たしています。欠乏すると、成長障害、食欲不振、味覚障害を引き起こす、体内のバランス形成に大きな関わりを持つ必須ミネラルです。 アスミール副作用
カゼインカルシウムペプチド 牛乳の主要タンパク質であるカゼインに酵素を作用させて得られる部分分解物です。 カルシウム(Ca)を溶けやすい状態に保ち、小腸からのCaの吸収を助けます。 アスミール副作用
粉末状大豆たん白 必須アミノ酸バランスの優れたたん白源として、栄養健康食品にも活用されています。 アスミール副作用
煮干しパウダー 魚を煮て干したものを粉末状にしたもの。魚がそのまま粉末になっていることで、非常に栄養価が高いのが特徴。 アスミール副作用
コラーゲンペプチド 古くなった骨を壊し、新しい骨を作るシグナル(命令)を送り、骨の代謝を促進させる働きを持ちます。健康な骨の形成をサポートし、骨密度の改善や関節の痛みや老化予防をサポートします。 アスミール副作用
黒酢エキスパウダー 新陳代謝を促進させたり、血流を良くしたり、血栓をできにくくする効用があります。動脈硬化や血圧を下げるといった体調管理への効果も期待できます。 アスミール副作用
精製ナットウ菌培養物 大豆の発酵食品である納豆に含まれるナットウキナーゼを、納豆菌より豊富になるように培養したもの。血液をサラサラにする血流改善の効果に優れ、血圧を下げる作用もあります。 アスミール副作用
メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー 植物の胎座から抽出したエキス。胎座には、健康や美容をサポートしてくれるアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどがたっぷり含まれています。 アスミール副作用
DHA含有精製魚油粉末 イワシ、サバ、サンマなど脂肪酸の多い魚肉に多く含まれ、食品から摂取しなくてはならない必須脂肪酸。皮膚のアレルギー反応を改善する効果も報告されています。 アスミール副作用
未焼成カルシウム ホタテの貝殻を粉末状にした炭酸カルシウム。 アスミール副作用
ビタミンC アスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物。 アスミール副作用
ピロリン酸第二鉄 鉄分原料であるピロリン酸第二鉄の使用実績は粉ミルクやベビーフード、学校給食、乳児用シロップなど多岐に渡ります。乳児用としても使用されることから安定性・安全性が高い鉄分原料です。 アスミール副作用
ビタミンE ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。 アスミール副作用
ナイアシン ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3ともいう。栄養素のひとつ。 アスミール副作用
香料 食品の製造や食品を加工する過程で付いたにおいを隠す、または香りを強めたりするといった目的で使用されます。 アスミール副作用
パントテン酸Ca ビタミンの一種であるパントテン酸として働き、肝臓の補酵素(CoA)の構成成分として、糖代謝、脂質代謝、たん白代謝などの生体内代謝に重要な役割を発揮します。 アスミール副作用
ビタミンB6 ビタミンB6は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。 アスミール副作用
ビタミンB2 ビタミンB2は、主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。 アスミール副作用
ビタミンB1 ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています。 アスミール副作用
ビタミンA ビタミンAは、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わったり、さらにのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持っています。 アスミール副作用
葉酸 ビタミンB12とともに赤血球の生産を助けるビタミンです。また、代謝に関与しており、DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産や再生を助けることから、体の発育にも重要なビタミンです。 アスミール副作用
L-アルギニン アルギニンはアミノ酸の一つです。体内でも合成されるため、非必須アミノ酸に分類されます。成長ホルモンの合成を促進=脂肪の代謝を促して筋肉組織を強化したり、身長の伸びにつながります。 アスミール副作用
ビタミンD ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。 アスミール副作用
ビタミンB12 ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。 アスミール副作用

 

原材料を一つ一つ確認したところ副作用を起こす原料は一切含まれていませんでした。

 

また、アスミールに使用されている原料はすべて安全性の高い国産品です。

 

合成甘味料を使用する成長サプリが多い中、アスミールは、

 

  • 合成保存料
  • 合成着色料
  • 合成甘味料

 

を一切使用していません。

 

 

国内の工場で厳しい品質管理のもと製造されているのも安心ですね。


 

アスミールの安全性へのこだわり
  • 使用している原材料はすべて国内製造原料
  • 合成保存料、合成着色料、合成香料を一切不使用
  • 日本国内の工場で製造
  • 放射能検査済み

 

アスミールを飲むと太るのか?成分表をチェック

 

アスミールの成分表は下記の通りです。

 

栄養成分表示(6gあたり)
  • エネルギー 21.4kcal
  • たんぱく質 0.29g
  • 脂質 0.35g
  • 炭水化物 4.28g
  • ナトリウム 5.8mg
  • ビタミンD 3.8μg
  • カルシウム 488mg
  • 鉄分 6.4mg
  • マグネシウム 75.5mg
  • 亜鉛 2.1mg

 

先ほどご紹介したようにアスミールは人工甘味料を使用しておらず、グラニュー糖を使用しています。

 

となると、気になるのはカロリーですが、成分表を見ると1杯あたり21.4kcalですね。

 

アスミールは牛乳100mlで溶かす飲み方が推奨されていますよね。

 

牛乳100mlのカロリーは大体68.5kcalなのでトータルで89.9kcalです。

 

 

なので、目安の1杯を毎日飲んでも太るということはありません。


 

アスミールを飲むとアレルギーが起こる?アレルギー物質の正体とは?

 

アスミール副作用

 

ご紹介したようにアスミールは食品なので、副作用の心配は一切要りません。

 

ただ、副作用ではないですが原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆が含まれているのでアレルギーをお持ちのお子さんは注意が必要です。

 

牛乳アレルギー

 

牛乳が原因でアレルギーになる主な原因は「ガゼイン」と呼ばれるたんぱく質です。

 

主なアレルギー反応として、下痢、嘔吐、発疹などが起こります。

 

対策としては牛乳など乳成分を口にしないことです。

 

ゼラチンアレルギー

 

ゼラチンアレルギーは牛乳アレルギーと違って世界の100万人に約30人しかいないとされる珍しいアレルギーです。

 

ゼラチンを含んだ食品を食べた後、じんましん、吐き気などが起こります。

 

大豆アレルギー

 

大豆アレルギーは3歳までに約80%が治ると言われています。

 

かつては卵や牛乳と並んで湿疹を誘発しやすい3大アレルゲンと言われていましたが、全年齢のアレルギー原因食物の2パーセントに過ぎず、それほど多くないと言われています。

 

 

もし、お子さんが該当のアレルギーをお持ちならアスミールは避けたほうが無難です。


 

アスミールは過剰摂取すると副作用が起こる?

 

結論から言うとアスミールを過剰摂取すると副作用は起こりません。

 

ただ、過剰摂取することで健康障害が起こる可能性があるので目安量を守ったほうが安全です。

 

例えば、育ち盛り(10歳)の子供が一日に摂取したいカルシウムの量は男の子で約700mg、女の子で約750rです。

 

アスミール1杯のカルシウム量は488mgなので、7割程度カバーできますよね。

 

カルシウムは摂りすぎると便秘や鉄などの吸収障害が起こる可能性があります

 

なので、アスミールはあくまで補助としてとどめたほうがいいですね。

 

アスミールの口コミまとめ